LED用 樹脂ノズル

カーボンナノチューブ配合樹脂ノズル(LED用)

スーパーエンプラのPEEK樹脂(ポリエーテルエーテルケトン)にカーボンナノチューブ(CNT)を均一分散させた、LED用の樹脂ノズル(特許 第5746763号)です。

LEDの表面はシリコーン系樹脂でコートされておりベタベタしているため、基板に装着後、LED部品がノズルから離れず持ち帰る現象が起き、実装不良の原因となっています。

CNT配合樹脂ノズルは非粘着性が高いため、この問題を解決できます。

実装現場での検証結果では、LEDチップ部品の持ち帰りがなく、かつ従来の樹脂ノズルより飛躍的に寿命が長いことが実証され、大幅なコスト削減を実現いただけます。

LED用CNT配合樹脂ノズル・LEDチップ

CNT樹脂配合ノズルで生産性が向上する6つの理由

【1】LED部品の持ち帰りを防ぎ、生産性が向上
  ⇒非粘着性が高いため。

【2】摩擦係数が低く、長寿命
  ⇒PEEK樹脂にCNTを配合することで耐久性が高まるため。

【3】電子部品の破壊を防止
  ⇒表面抵抗率を103~106Ω/sq(オーム/スクエア)に制御し、
   静電気を除電できるため。

【4】カーボンの離脱がなく、ゴミが出ずにクリーン
  ⇒CNTを少量配合して導電性を引き出しているため。

【5】長時間使用してもノズルが詰まらず、洗浄コストを削減
  ⇒超硬金属製やセラミック製と比べて、樹脂製にはハンダが付着しにくいため。

【6】耐薬品性が優れており、溶剤洗浄が可能能
  ⇒PEEK樹脂は溶剤への耐性が高いため。

タイトルとURLをコピーしました