実装機印刷工程用 樹脂受け治具

カーボンナノチューブ配合樹脂受け治具

電子基板の両面実装において、高密度実装を可能にするカーボンナノチューブ(CNT)配合樹脂製の受け治具(特許 第6540963号)です。

近年の電子機器は軽薄短小化で電子基板の厚みが薄く、電子部品も高密度実装される傾向にあります。
このため実装機の印刷工程にて、従来のサポートピン方式では基板のソリを吸収しきれず、印刷不良が多発するケースが、増えております。

CNT配合の受け治具なら、従来方式では難しい精密実装の問題を解決できます。

実装機印刷工程用CNT配合樹脂受け治具

治具構造・基板・完成品

CNT配合治具で生産性が向上する5つの理由

【1】印刷精度が向上し、不良率が低減
  ⇒治具が基板全体を受け、基板の凹凸やソリ等を吸収できるため。

【2】柔らかく、電子部品の損傷を防止
  ⇒アスカーゴム硬度計C型(ゴム硬度計)で硬度80~85°のゴム弾性があるため。

【3】静電気によるトラブル(回路破壊やホコリ等の異物付着)を解消
  ⇒表面抵抗率を103~106Ω/sq(オーム/スクエア)に制御し、
   静電気を発生せずに電荷を除電できるため。

【4】カーボンの離脱がなく、ゴミが出ずにクリーン
  ⇒CNTを少量配合して導電性能を引き出しているため。

【5】簡単・コスト削減・納期短縮
  ⇒電子基板のみ(図面は不要)で安価に短時間で自社製作できるため。

CNT配合樹脂受け治具の製作工程

実装機印刷工程用治具製作工程

タイトルとURLをコピーしました